乳癌が転移しやすい場所|乳癌は転移する病気!池袋クリニックでも治療ができる

乳癌が転移する可能性のある場所を知っておこう

乳癌が転移しやすい場所

診断

リンパ節への転移

乳癌になってしまった女性が転移しやすい場所と言われているのが、リンパ節です。胸に最も近いワキ下部分にあるリンパ節は、転移するなら一番早い場所として知られています。血液やリンパを通って体のいたる所に転移するため、早めに治療を受けるようにしましょう。

肺への転移

肺は、体中を巡っている血液の影響を受けやすい場所と言われています。そのため、血液中に流れている癌細胞が付着しやすい場所なのです。肺に転移してしまうと、咳が長期間続いてしまったり、息が切れやすくなったりという症状が出始めます。

骨への転移

乳癌になってしまうと、骨に転移してしまう患者が多いと言われています。転移する骨は様々で、骨盤や腰椎など乳房とは離れた場所ないる骨にも転移してしまいます。転移してしまうと痛みや痺れを感じてしまうため、抗がん剤や放射線を使って治療していきます。

癌の主な治療方法

がん細胞を取り除く手術

癌の病巣とも呼ばれる癌腫瘍を外科的方法で取り出す手術は、根本的な治療方法としては効果があると言われています。しかし、手術で取り除ける範囲が決まっていたり、患者の容態によって手術ができないという事もあります。

抗がん剤を使った治療

手術や放射線治療と一緒に試すことができる治療方法の一つです。昔は、抗がん剤治療の副作用に苦しむ人も多く存在しました。しかし、近年からは副作用を抑える効果のある薬が開発されているため、抗がん剤治療の副作用に苦しむ患者は減っていると言われています。

特殊な放射線を使った治療

乳癌の転移や再発防止効果があると言われている放射線治療は、癌細胞に放射線を当てることで増えないよう抑えることができます。手術ができない範囲の癌治療にも使うことができるため、多くの癌治療で使われています。

免疫を上げる治療方法

元々から人間の体にある免疫細胞の量を増やし、免疫力を上げるといった治療方法です。体の中にある異物を攻撃するため、癌細胞だけを攻撃し他の正常な細胞を傷付けずに排除することができると言われています。