転移する危険性の高い乳癌も治療できるクリニックがある

女性に多い病気

乳癌は、女性に多い病気の一種として有名です。稀に男性も乳癌になってしまうケースもありますが、ほとんどの人が女性と言われています。最近は乳癌検診も一般的になっているため、健康に気をつけたいという人は検査を受けてみましょう。

乳癌とは

ドクター

乳癌

乳癌とは、女性の胸にある乳腺に悪性の腫瘍ができてしまう病気と言われています。早く発見することができれば、90パーセント以上の確率で良好な治療経過を見ることができますが、発見が遅くなってしまうと転移してしまう可能性が高いため難しい治療になってしまいます。乳癌といっても、進行が早いと言われている「硬がん」と少しづつ範囲を広げていく「乳頭線管がん」などに分けられます。症状によって、癌の種類が異なるため胸に違和感を感じたときは調べて見たほうが良いでしょう。

転移する理由

癌は最初、一定の場所で悪性腫瘍として育ち大きくなっていきます。しかし、癌細胞が少しずつ大きくなってしまい臓器や他の部分へと広がっていきます。癌の範囲が広がってしまい、リンパ管や血管などに影響を与えてしまうとそこからがん細胞が体中に広がっていくのです。しかし、癌の細胞は広がっていく最中に死滅していきます。ですが、死滅しなかった細胞が他の臓器などに付いてしまい、そこで新たな癌細胞として成長してしまい転移するのです。

癌転移は防げる

乳癌になってしまっても、癌の転移を防ぐことができれば症状を悪化させず抑えることができます。乳癌の治療をするときは、何処に癌が転移するか、どこまで広がるかを予測して予防していきましょう。池袋クリニックでは、乳癌などあらゆる癌に対する治療を行なっています。

乳癌を治療する

医者

池袋クリニックで出来る治療

乳癌の治療を行なっているクリニックでは、どういった方法で治療を受けることができるのでしょうか?満足でき、安心して任せられるクリニックを探すためにも知っておきましょう。

READ MORE
診断

乳癌が転移しやすい場所

乳癌が転移してしまう可能性のある場所を事前に知っておけば、早めに治療に取り掛かることができます。そのため、どういった場所に転移しやすいのか調べておきましょう。

READ MORE

[PR]

がん治療なら池袋クリニックへ
状況にあった治療で病気を撃退!